株式会社ティーアンドイー | ロマンティック・バナナを探して。

DIARY

ロマンティック・バナナを探して。

みなさま、はじめまして。篠原 健太郎と申します。通称しのけんです。

どうぞよろしくお願いします。

1

さて、本年1月からここT&Eに縁あって入社することになり早2ヶ月が経ちまして、

ぼちぼちとこの故郷・福岡の地にも馴染んできた次第でございます。

と言っても、お前何者だという方が大半だと思いますので、ここで軽く自己紹介の程をさせていただきます。

 

先の通り、出身は福岡・北九州でありますが、しばらくは東京の方でCMの演出をしておりました。

いろんな方に手助けをいただき、運良く賞なども頂きましたが、ひょんな事から海外へ。

演出修行という名目のもと、日銭を稼ぎながら気の合う仲間たちとチマチマ映像を作る日々を送ります。

しかしまあ、そろそろ浮いた尻の据えどころを真剣に考えないとなぁと思い立ったところに、

優しい優しいT&Eが無理繰りお尻ひとつ分、席を空けて下さった次第なのでございます。

 

簡単には書きましたが、その都度色々と向かう波風ありまして、

そういった時本当に実感してならないのは、人とのご縁なのであります。

昔っからやたらと運がよく、だいたい暗く沈んでいる時は、

誰かが薄っすらと蜘蛛の糸を垂らしてくれるのですね。

その度、遠慮も恥も外聞もなく、力いっぱいその糸に縋り付かせていただいております。

それが蜘蛛の糸であれ運命の糸であれ、今まで手繰ってきた糸を元に、

自らもそういった糸を紡いでいけたらなあと思う今日この頃です。

 

こうやって足跡を顧みると、なぜ広告を志したのかとか、なぜ海外に行ったのかとか、

未だよく分からなかったりするのですが、何となく思うのは、

その時分に自分が素敵だなぁと思う響きに誘われてフラフラと足を向けてきたような気がします。

言葉の響きって、それ自体に大した意味がなくても、時々どうしようもなく力を持ちますよね。

 

幼少の頃、親が何の気なしに買ってくれた磁気テープがありまして。

それには幼児向けの、短い英語の歌が幾つか入っていたのですが、

その中に「Banana Banana, ◯◯ Banana〜♪」という文句がありました。

僕は小さかったので全く意味もわからず、ただ聞こえてくるままに「Banana Banana, Romantic Banana〜♪」と歌ってました。

直訳すると「情熱的なバナナ」なので、やや卑猥な感じを醸しだしてはいるのですが、

何だか今でもこの「ロマンティック・バナナ」という響きが好きでしょうがありません。

もし独立したら、社名にするかもしれません。

どうも、ロマンティックバナナの篠原です。

2

幸いなことに、僕の周りには素敵な響きを持った言葉を紡げる人が多くいて、とても耳が心地よいです。

そういった人達と更に多く出会えるように、常に耳掃除は欠かさずに、

これからの、この福岡の地での日々を過ごしていきたいと思っています。

そんな訳でみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

しのはら。

3

© 2021 株式会社ティーアンドイー. All rights reserved.