株式会社ティーアンドイー花田雛子 - 株式会社ティーアンドイー

T&Eのどんなところが面白い?

とても個性的で面白い人が多くて、一度会うと忘れられないような方がたくさんいる会社です。
私自身は、まだまだですが、、、
たくさんの知識やアイデアを持っている人が多いので、話を聞いていてとても勉強になります。

この業界で働きたいと思ったきっかけは?

大学2年生の頃に、インターンシップに申し込んだのが大きなきっかけです。
もともと、毎日同じ作業の繰り返しよりも、いろいろなジャンルに携われて、色々な経験を積めるような仕事に就きたいと思って就職活動を始めたのですが、 T&Eのプロモーション部での2週間のインターンシップで「全国梅酒まつり」の現場に入り、この業界やこの会社で働く方たちに惹かれて、 「私もここで働きたい!」と思いました。

学生時代にやっておくべきことは?

学生時代は自由な時間が多かったにも関わらず、ただのんびりと過ごしてしまっていた時間が多かったので、もっとアグレッシブに活動しておけばよかったなぁ、と今少し後悔しています。。。
「もっと海外飛び回ってみたかったなー」とか、「ドライブしながら日本全国いろんなところに行ってみたかったなー」とか考えだしたらまだまだやりたかったことはたくさんあります(笑)
社会人になってからも、いろいろな場所に行ったり、趣味を楽しんだりすることもできますが、自由な時間がある学生のうちに思いっきり遊んで、いろいろなことを経験してみることをおススメします!!

学生時代と社会人の違いは?

学生時代とは異なる責任感の重さや緊張感があると思います。
何かを間違えても、学生時代は自分に責任が戻ってきますが、社会人になれば、もちろん、会社に所属していることになるので、責任が自分だけでなく、自分の周りの人や会社にかかってくるので、しっかりと考えていかなければならないと感じます。
あとは、面白そうなイベントがあって見に行ったりすると、「これどんなふうに組み立ててるんだろう?」とか、「これ面白いアイデアだな」とか、どうしても仕事目線になって写真をパシャパシャ撮っていることがよくありますね(笑)
仕事をしながら、イベントを楽しんでいるように、プライベートでイベントを楽しみながらアンテナもはるように気を付けているので、プライベートと仕事の境があまりないように感じることが多々あります。

自由にメッセージをお願いします

入社して数か月で海外へ視察に行ったり、1年目でも企画書や台本を作ったり、県外のイベント現場に入ったり、と先輩方にたくさんサポートして頂きながら、本当にたくさんの経験ができました。1年目とか関係なく、色々なことにチャレンジできる環境があるので、その分責任感もありますが、仕事をしていて楽しい・面白いと思います!

プロモーション部では、スポーツ系・音楽系・子供向け・学会など様々なジャンルの方と関わる機会があることも仕事をしている中での魅力の1つだと強く感じます。
様々な人と話したり、いろいろなイベント現場に入ることで、自分の知らなかった世界に触れることができるので、ワクワクします!
今後は、得た知識やアイデアを生かして新たなものに結び付けて、自分自身のオリジナルのアイデアを生み出せるようにもっと努力していきたいと思います!

社員の声

  • プロモーション部
    花田 雛子
    花田 雛子
    Hanada Hinako
  • 東京支社 制作部
    プロダクションマネージャー
    疋田 仁志
    橘 潤樹
    Tachibana Junki
  • 制作部 制作進行課
    プロダクションマネージャー
    疋田 仁志
    疋田 仁志
    Hikita Satoshi
  • 企画室 ディレクター
    篠原 健太郎
    篠原 健太郎
    Shinohara Kentarou
  • 制作部 制作課
    プロダクションアシスタント
    吉崎 奨
    吉崎 奨
    Yoshizaki Shou
  • 制作部 部長
    トップページ
    上田 健一郎
    Ueda Kenichirou


© 2017 株式会社ティーアンドイー. All rights reserved.